活動報告
スクリーンショット(2019-09-30 14.23.32)

2019年11月3日(日)逢坂山 月心寺にて、琵琶の音「雨夜の月会」開催します

肥後琵琶の玉川教海さん、四ノ宮琵琶の小谷四音、平家琵琶の荻原郁乃が、

蝉丸や小野小町ゆかりの走井(水がほとばしるように湧き出る)の地、

逢阪山にさしかかる月心寺に集い、琵琶を月に見立てて、秋の演奏会を催します。

壱の部 午後1時開演(正午開場)

琵琶の演奏

平家琵琶  盲僧琵琶 四ノ宮琵琶

ワークショップ
「きいて、弾じて、楽しんで! 琵琶の音楽に触れてみよう!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弐の部 午後3時開演(午後2時半開場)

琵琶の演奏

四ノ宮琵琶  平家琵琶  盲僧琵琶

アフタートーク
「琵琶音楽家に聞く! 琵琶のあれこれ」

※各部 先着30名ずつ 演目異なる二部構成(各2000円)です。

1566146744801

於 瑞米山 月心寺 走井居 〒520-0062滋賀県大津市大谷町27-9
京阪京津線大谷駅より徒歩10分  ※駐車場はございません。

スクリーンショット(2019-09-27 15.08.10)

琵琶は月の調べを奏でる楽器でございます。どの琵琶の楽器にも「月」がほどこされています。半月や陰月・満月という音を響かせる月の形をした穴や飾りがほどこされたり、平家琵琶の撥面には月の飾り、盲僧琵琶には半月と満月があり、とても印象的な楽器の特徴になっています。琵琶法師の開祖、人康親王の別称、雨夜尊にあやかり琵琶の音を昼の刻に月を愛でながら蝉丸ゆかりの月心寺にて「雨夜月会」を催します。美しい走井庭園を背景に琵琶の演奏をお楽しみ下さい。

出演者プロフィール

肥後座頭琵琶 玉川教海/学 習院大学非常勤講師。1955年愛媛県生まれ。1977年より筑前琵琶を人間国宝 山崎旭萃、山下旭瑞、菅旭香に師事する。1988~89年、新内を人間国宝 岡本文弥に師事。1990~96年、「肥後座頭琵琶」の最後の琵琶法師といわれた山鹿良之に師事。その旋律、奏法を次代に伝える数少ない琵琶奏者として、 玉川教海の名前で活動している。

平家琵琶 荻原郁乃/四ノ宮在住であった学生時代に、琵琶に関心を持 ち、京都橘大学大学院に進学。大学コンソーシアム京都主催の「京都から発信する政策交流研究大会」において、アーツマネージメントの観点から、琵琶楽に関 する考察論文を執筆し、京都府知事賞を受賞。現在は地元関東で「平家琵琶」の実演を学ぶ。日中文化友好親善協会会員。

四ノ宮琵琶 小谷昌代/琵 琶法師ゆかりの地と伝わる京都市山科区四ノ宮地域のまちづくりに取り組み、京都府神社庁雅楽講師進藤秀保氏、平家琵琶奏者荒尾努氏の助言を得ながら、平安 初期に存在した楽小琵琶独奏法を研究実演。琵琶法師の祖と慕われた人康親王ゆかりの楽琵琶独奏の分野を再興、誰でも自由に弾ける「四ノ宮琵琶」として普及 に努める。

四ノ宮琵琶って/古典や日本の伝統音楽というジャンルの琵琶を、もっと身近に触れて、知っていただきたいという思いから、現代の琵琶の新しい可能性を広げようと、小さな楽琵琶の形をした琵琶を自由に演奏できる分野を四ノ宮琵琶と名づけました。平成27年より、琵琶の流派や会を超えて、様々な琵琶の担い手の交流の場をつくりたいと考え、古曲の再現や現代曲へのアプローチを実践する四ノ宮琵琶サークル「音霊杓子」の活動をしております。また、最近では、手に取りやすい楽器づくりを提案し、小琵琶「しのびわ、ビワレレ」を製作しました。琵琶の音楽にご興味をもたれた方、実際に演奏して練習をしてみたい方に裾野が広がればと思っています。

弦楽ふるさとの会 代表 小谷 昌代(音霊杓子 惣宰 小谷 四音)

スクリーンショット(2019-09-27 15.08.27)

PDFのダウンロード↓

    音雨夜月会公開用s

琵琶は、遠く西アジアに生まれ
シルクロードを通り、中国を経て伝来しました。

琵 琶楽という言葉があるように、琵琶の音楽は変化(進化)しながら互いに影響を受け合い、基の琵琶の音楽を残しながら、雅楽(楽琵琶)や平家琵琶、盲僧琵 琶、薩摩琵琶、筑前琵琶といった音楽が、今日まで継承されてきました。多様な琵琶の音楽、文化を様々な方にきいていただきたいという思いから、弦楽ふるさ との会では演奏会を企画しております。
今回の「琵琶の音 雨夜月会(びわのね あまよのつきのえ)」は、琵琶楽のなかでも、希少な盲僧琵琶(肥後座頭琵琶)や平家琵琶、そして琵琶の奏と声明の 演奏をお届けします。四ノ宮琵琶の楽琵琶の独奏にはじまり、雅楽・声明・語りの三つの要素が取り入れられた平家琵琶。そして、最後の琵琶法師といわれた 故・山鹿良之氏の弾奏、盲僧琵琶の楽器を継承された玉川教海氏の演奏が広がります。

スクリーンショット(2019-09-30 14.05.57)

スクリーンショット(2019-10-01 15.13.29)

2019年11月2日(土) 伊勢物語の山本登朗先生が「山科宮」を徹底分解! 小谷は琵琶と和歌でお手伝い♬

スクリーンショット(2019-10-01 14.40.21)

連続セミナー 第7回

奏でる文化 西山の歴史と文化はウキウキでござる 〜都の向こう側、奏でる山科・琵琶の世界へ〜

日時 11月2日(土) 午後2時〜4時半 

場所 ホテル 京都エミナース 3階 平安の間

(京都市西京区大原野東境谷町2-4 075-332-5800)

参加費 1000円  定員50名   ※事前にお申し込みください。

◉お申し込み・お問い合わせは 西山文化を語る会(藤本)まで!

電話▷090-3866-9151    メール▷fujimoto-01@nifty.com

 

第1部 午後2時10分〜3時10 分

  都の向こう側、山科の「伊勢物語」

▷関西大学名誉教授 京都光華女子大学名誉教授 山本登朗さん

『伊勢物語』は西山の地に深いかかわりを持っていますが、都のむこう側に位置する山科もまた、『伊勢物語』の舞台となっています。山科はどのように『伊勢物語』に描かれているのか、主人公のモデル在原業平との関わりはどこにあるのか。今回は西山を離れ、都の反対側の山科を舞台とする『伊勢物語』章段を読みながら、そこに描かれた世界をさぐります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2部 午後3時25分〜午後4時25分

  琵琶と和歌を奏でてめぐる

▷四ノ宮琵琶奏者 小谷四音(せせらきしのん)

京都山科四ノ宮は古くから琵琶ゆかりの地とされてきました。その関連史跡をご紹介し、伊勢物語第78段に登場する在原業平の和歌を遣唐使が伝えた琵琶独奏曲に載せて長嘯します。そのほか皆さんのよくご存知の「いろは歌」や小野小町の和歌など、琵琶とともに一人ミュージカル仕立てでご紹介します。曲目は「石庭流泉」「色破歌」「長雨」「桜花」「女郎花」「悲しの宮」「幸盛」「大原野千載記」。

 

セミナーのあとは 西山カフェ(交流会) ※飲食費実費 当日受付でお申し込みください。

 

 

スクリーンショット(2019-10-03 22.29.54)

2019年10月12日(土)やましな駅前陶灯路で19:20〜終了までGFKが担当♪

今年で 第12回を迎える「やましな駅前陶灯路」。小谷が初回から実行委員を引き受け、音楽イベントではGFK(弦楽ふるさとの会)メンバーも参加しています。

18:00〜18:35 オカリナ 寺井純子

18:40〜19:15 ミュージックアンサンブル V i v o

19:20〜20:00 二胡 ジャービン・チェロ 佐渡文彦・琵琶 小谷四音・フルート 西村由紀子  G F K

スクリーンショット(2019-10-03 20.22.15)

スクリーンショット(2019-10-03 20.22.51)

shimindaigakuimg

2019年9月26日(木)長岡京市民大学  十輪寺ゆかりの業平さんと山科の四ノ宮さん

長岡京市民大学 第17講座

9月26日(木)14:00~15:30    於 長岡京市立中央公民館

【テ-マ】長岡京十輪寺ゆかりの業平さんと山科の四ノ宮さん

【講 師】小谷昌代氏 (弦楽ふるさとの会)

【内 容】在原業平主人公の『伊勢物語』第78段の舞台である四ノ宮についてのお話と、平安初期に貴族に親しまれた琵琶の音色をお楽しみいただけます。

主催 長岡京市立中央公民館 市民企画講座(西村日出男企画)

スクリーンショット(2019-09-30 14.55.44)

kamishibaiimg

スクリーンショット(2019-10-03 13.11.29)

2019年8月22日(木)の第13回 弦楽奉納演奏会 は無事盛会裡に!

8月22日(木)

「第13回 弦楽奉納演奏会 & 音霊杓子5周年発表会」アスニー山科にて開催

朝 8時20分頃から現地に集合し、荷物の搬入、ステージの設置を皆で手分けしてテキパキと準備を行い、9時45分に開場、10時から音霊杓子発表会が無事始まりました。当日配布用のチラシを準備していたにもかかわらず会場に持ってこれておらず、お客様からのご要望の際にお渡しできなかったこと誠に申し訳 ありませんでした。昨年の台風の日和とはうってかわって、好天に恵まれましたので、お客様も時間経過に応じてだんだんと増え、来ていただいた皆様にメンバーのみんなの其処はかとない琵琶愛を知っていただくきっかけとなりました。

13ensokinen

午後からはGFKメンバー、マンドリンとツインギターのハクチウムさん、バイオリンとチェロの佐渡文彦さん、箏と十七絃と三絃の優美会さん、シタールとタブラの中山智絵さんと藤沢ばやんさん、クラシックギター中西清一さん、二胡ジャービンさんと豪華な顔ぶれでのステージをお楽しみいただきました。

スクリーンショット(2019-10-03 14.16.53)

そして、15時50分からは、皆さんお待ちかねのGFKアンサンブルのコーナー。今年は世界を駆け巡る選曲で、ジャービンくんの故郷中国の賽馬に、パーカッションの芝原秀司さんと、藤沢ばやんさん、バイオリンの佐渡文彦さん、四ノ宮琵琶の小谷が乱入!?し、のっけから、大盛り上がりの大歓声で始まりました〜♬

その様子はフェースブックで公開中(中野としゆき氏撮影)

はちゃめちゃ賽馬♬→ https://www.facebook.com/toshiyuki555/videos/10211359737027954/

演奏曲は中国「賽馬」→ロシア「民謡」→アンデス「コンドルは飛んで行く」→ヨーロッパ「カノン」→アメリカ「テイクファイブ」

テイクファイブ ♪ →  https://www.facebook.com/toshiyuki555/videos/10211359752308336/

スクリーンショット(2019-10-03 12.57.33)

→そして最後は、日本「川の流れのように」で皆さんの大合唱とともに締めくくりました。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

5周年音霊杓子発表会の縁者の奉納演目は以下の通りです。(小谷四音コメント)

スクリーンショット(2019-10-02 14.26.05)スクリーンショット(2019-10-02 14.34.29)スクリーンショット(2019-10-02 14.21.55)

 10:00 階藤清音 桃太郎  5分(桃太郎は日本創成にかかわる深〜い物語。令和元年に相応しい演目を多忙をぬって仕上げ奏じきられました。尊敬です。)

  :05 田口訓之 諸羽の月  5分(1年足らずでも琵琶の独奏に大変興味を抱き同じ曲をこの半年以上取り組まれてきた成果が堂々たる演じ姿に見えました。)

     :10  青木良久音 楊真操  7分(司会コメントでハードル上げるも、小さな琵琶とは思えぬ重厚感ある音色は、しっかりとお客様にも届いていました。)

スクリーンショット(2019-10-02 14.26.54)スクリーンショット(2019-10-02 15.09.06)

 :17 真鍋尚音 蝉丸  8分(四ノ宮琵琶とはまた違った、響きのある語り琵琶らしい筑前琵琶の演目を自前の「声」と「語り」で盛り上がりました。)

 :30  中川美音 越殿楽 7分(楽箏は青木良久音がつとめ、練習の甲斐あって本番はきれいにまとまりました。結構な歴史的事業を遂行しています!)

13shindoogi
 :37 雅音 越殿楽   7分(  笙を小谷四音が担当し琵琶の調べと篳篥唱歌に笙伴奏という越天楽を聞いていただきました。雅楽愛好の可能性が広がります。 )
 :45 荻原 郁乃 那須与一   15分(前日の小谷の失態で糸口にひびが入った状況でしたが、冷静にいつも通りの力強い演奏を披露頂きました。深謝。)

13nakazawakotani

11:00 薩摩琵琶 中澤龍水 25分(9月にはテレビで佐野史郎さんとも共演とのことで薩摩琵琶の人気回復に一役買われる御仁、いつもありがとう!)

11:30  四ノ宮琵琶  小谷昌代  40分(これまで紙芝居で人康親王を広めてきましたが、伊勢物語の和歌の世界からのアプローチに挑戦中です。)

13ensokaizenkei

今後とも京都四ノ宮琵琶サークル音霊杓子を末永くどうぞよろしくお願いいたします。一同拝

13OTJmember

 

スクリーンショット(2019-04-16 13.47.18)

2019年 5月11日(土) 琵琶サークル音霊杓子「諸羽の月合奏構想」活動報告

2019年5月11日(土)

本日は亀岡市会議員の長澤さんがのぞいてくださいました。長澤さんはこの四ノ宮まちづくりを共にはじめた同志です。12年前の11月、諸羽神社の割拝殿をステージに、平家琵琶奏者 荒尾 努さんと、鳴鳳雅楽会青年部様をお招きして、雨のなか粛々と執り行った「もみじ演奏会」を執り行ったのが全てのはじまり。当時、京都橘大学の織田直文教授とともに、長澤さんが事務局をまとめ、四ノ宮にとどまらず、区役所などとも連携して、やましな観光振興の礎を築きあげてこられました。そのいきさつを、メンバーの皆さんにもご紹介して、始めることとなりました。

1hono

今日の課題は「諸羽の月の合奏」形態を探るため『薩摩三絃や筑前琵琶でも音入れに挑戦してみよう』という具合でしたが、前回練習時に「諸羽の月」の一番盛り上がり部分が、まだ譜面に起こせていなかったことを受けて、本日皆さんに譜面の正式版をお配りしました(下の譜面ご参照)。まずは、その解説と稽古をしてみました。新藤さ ん、中川さん、真鍋さん、階藤さんと、少人数での練習でしたが、ゆっくりとした旋律をひとり一人思い思いに奏でることができました。階藤さんは、薩摩三絃 でこの曲が弾けるように、調弦や、柱の場所、押さえる勘所などをご自分で研究くださっていたようで、見事に前半の主旋律部分を弾きこなしておられました。 薩摩三絃独特の「さわりのある音色」が、四ノ宮琵琶の乾いた同じ音階の色を包み込む感じも、中々よかったと思います。

morohanotsuki

途中、もうお一方、かつてのまちづくり仲間の山田さん(午前中に会って今日の稽古のことをお話ししておいた)が用事を終えて、かけつけてくださいました。山科で『こども歌舞伎』を一昨年まで十年間取り組めることになった、そのきっかけをくださった山田清敬さんが、楽しそうな突っ込みや相づちで、場を和ませてくださり、本日も盛会に楽しく終えることができました。

スクリーンショット(2019-10-01 14.01.15)

2019年4月13日(土)の音霊杓子、ビワレレ3台完成を新聞が取材!

2019年4月13日(土)

スクリーンショット(2019-04-16 13.26.26)

本 日週間しんぶん京都民報の荒川康子記者がお見えになり、まずは参加メンバーの集合写真を撮って、わいわい始まりました。「4万4440円の消費税でミニ琵 琶を」を合い言葉に開発に取り組んできたビワレレ3台が、本日晴れて注文者(後列左側3名)に納品できるとあって、このサークルとミニ琵琶を取材していた だきました。

スクリーンショット(2019-04-16 13.50.17)

前 半いつもなら今年の練習課題曲「諸羽の月」をみんなで合奏しますが、3種類の大きさの琵琶がこれだけ揃うとなかなかチューニングも大そうになるとあって、 2人ずつでトライしました。記者さんや初めての見学者の方にも、何回も聞いてもらって恐縮でしたが、各自の琵琶で自分らしい弾き方で弾けたので、楽しい時 間となりました。この曲の後半メロディーを小谷から紹介し、5月以降また皆で弾いてみます。

スクリーンショット(2019-04-16 13.47.18)

後 半は雅楽に長けたメンバー二人を師匠!?に「越天楽」の楽琵琶譜の弾き方を大きな琵琶でトライし、体感してみました。音取りや止め手での七撥の入り方につ いても新藤メンバーから詳しく説明してもらい、雅楽の基本的な琵琶の弾き方についても理解を深めました。最後はこの8月の弦楽奉納演奏会で披露する中川 (琵琶)と青木(箏)のコラボ演奏のための録音と相談をして、この日は終了しました。

スクリーンショット(2019-04-16 13.48.41)

▼京都民報2019年4月21日付新聞記事です。

スクリーンショット(2019-10-01 13.51.02)

2019年4月13日(土) 琵琶サークル音霊杓子「越殿楽各パートを琵琶で」活動報告

スクリーンショット(2019-04-16 13.26.26)

本 日週間しんぶん京都民報の荒川康子記者がお見えになり、まずは参加メンバーの集合写真を撮って、わいわい始まりました。「4万4440円の消費税でミニ琵 琶を」を合い言葉に開発に取り組んできたビワレレ3台が、本日晴れて注文者(後列左側3名)に納品できるとあって、このサークルとミニ琵琶を取材していた だきました。

スクリーンショット(2019-04-16 13.50.17)

前 半いつもなら今年の練習課題曲「諸羽の月」をみんなで合奏しますが、3種類の大きさの琵琶がこれだけ揃うとなかなかチューニングも大そうになるとあって、 2人ずつでトライしました。記者さんや初めての見学者の方にも、何回も聞いてもらって恐縮でしたが、各自の琵琶で自分らしい弾き方で弾けたので、楽しい時 間となりました。この曲の後半メロディーを小谷から紹介し、5月以降また皆で弾いてみます。

スクリーンショット(2019-04-16 13.47.18)

後 半は雅楽に長けたメンバー二人を師匠!?に「越天楽」の楽琵琶譜の弾き方を大きな琵琶でトライし、体感してみました。音取りや止め手での七撥の入り方につ いても新藤メンバーから詳しく説明してもらい、雅楽の基本的な琵琶の弾き方についても理解を深めました。最後はこの8月の弦楽奉納演奏会で披露する中川 (琵琶)と青木(箏)のコラボ演奏のための録音と相談をして、この日は終了しました。

スクリーンショット(2019-04-16 13.48.41)

スクリーンショット(2019-03-26 0.25.20)

2019年5月2日(火) 宝泉院ライトアップにて声明と琵琶

スクリーンショット(2019-03-26 0.24.07)

ゴールデンウィークと秋に行われる宝泉院のライトアップイベントです。

平家琵琶の発祥は楽琵琶と天台声明との出会い。

平曲が生まれる前に既に天台宗の目の見えないお坊様たちが、

声明を唱えながら琵琶を弾いておられたといいます。

四ノ宮の琵琶伝説にとって、とてつもなく大切な出会い…

声明の聖なる場所である大原魚山、勝林院が属する宝泉院で、

「對揚」「衆罪加陀」「大原千載記」を唱えます。

スクリーンショット(2019-03-26 1.08.38)